斎藤由紀の医師との不倫写真はどこから流出したのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

週刊誌FLASHが斉藤由貴の不倫写真を入手、世間にさらされてしまっています。

斎藤由紀の不倫の事実や相手の医師もご家族がいるとか、斎藤由紀はモルモン教なのにとか、諸々一旦置いといて、気になるのは斎藤由紀のこの不倫の写真はどこから流出したのかということ。

週刊誌は情報源を明かさないので、真実はわからないのですが、考えられる手段をいくつかあげてみましょう。

有名人でなくとも、いつあなたがその対策を必要とするか、わかりません(笑)。

Sponsored Link
Sponsored Link

 

◆誰がとっている写真なのか

そもそも、流出した写真は誰によって取られた写真なのか。

これは週刊誌の写真を見る限り、
キス写真はセルフィー、自撮りだと思われます。

また、ほかに流出した斎藤由紀の下着を医師が被った写真も斎藤由紀が撮ったものと思われます。

そして、他にも写真はあるようです。

斎藤由紀が出したコメントでも、こういった写真が流出したのは認識しているようで、事実上、これらが本物であることを認めていると見ていいと思います。

余計に誰から、どうやって流出したのかが気になるところです。

考えられる方法は以下です。

ちなみに、流出した写真は2年前のものということが分かっています。
以下の方法でリーク元が写真を入出して、いままで保管していた可能性もあります。

 

①ハッキング ★★

スマホをハッキングして、中から写真画像を取った。

映画やドラマみたいな話です。
まぁ、この可能性は限りなくゼロだと思います。

技術的に可能なのかわかりませんが、可能だったら、世の中もっと大変なことになっているでしょう。

但し、PCに写真をバックアップしていて、ウィルスに感染した、狙われてその写真が流出したという可能性は否定できません。

また、スマホの容量にも限界があるので、スマホではなく、PCやクラウド上に写真が保存されていた可能性もゼロではありません。

この可能性は低いとは思いますが、本当に見られたくない写真等は絶対に第三者に触れられない場所で補完すべきですね。

(そもそも、こんな写真撮るなという話ですが)

 

②近親者から流出 ★★★★★

この可能性が最も高いと思います。
写真は斎藤由紀、または不倫相手の医師、どちらかもしくは両方のスマホに保存されていたと考えられます。

それを見られるのは本人か、同居している家族、近親者に限られるでしょう。

何かしらの悪意、恨みを持って、斎藤の夫、または医師の妻が週刊誌にリークしたというのが最も自然に考えられる話。
過去、芸能人のスキャンダルで携帯写真等が流出する大半はこのケースだと思います。

スマホにはきっちりと自分だけしかわからないパスワードや指紋認証をしておきましょう。

(いや、普通こんな写真が入っていれば、パスワードロックはしているはず)

となると、パスワードを解除する方法はあるのか?が気になるところです。

これはなくはない、というとこですが現実的にはこれも極めて難しいでしょう。
PCへの同期をお願いしたり、バックアップをお願いしたりでスマホを手放す場面があったのかもしれませんが。

パスワードをかけるくらい厳重にしていれば、簡単にスマホを渡さないでしょうが。

 

Sponsored Link

③スマホを落とした ★★

これも単純に考えると可能性は低いですが、絶対ないとは言い切れません。

斎藤由紀本人はどんな写真が流出しているかも含めて認識があるようですので、スマホをなくして、それがリークされたとなれば、こういう事態になるのはわかっているはず。

ただ、落としたら、流出しても、リーク元から話題が拡散していそうです。

 

④バックアップしていた ★★★

結局①や②に近いのですが、どこか別の媒体にバックアップしていて、それが近親者から流出したという可能性は考えられます。

ハッキングではないにせよ、流出するリスクは格段にあがります。

 

⑤斉藤由貴または医師、本人から流出 ★★

状況的に考えづらいですが、可能性としては捨てきれません。

お互いに悪意をもった方が耐え切れなくなり、週刊誌に流したというもの。
または、親しい友人に送ってしまって、そこから流出したということも考えられます。

やるとしたら、医師側かな。

 

と、いくつかあげましたが、リーク、流出というのは極めてアナログ的な方法ではないかと思っています。つまり、直接的にスマホを見たとか。

いずれも気を付けていれば防げたようなものを、有名人がやってはならぬことをやって、それを公開されれば人生を失いかねない大惨事になるわけですが、注意が足らなかったといわざるを得ません。

(そもそも、ダメだっていう話はここでは置いといて)

あなたも情報管理には気を付けてください。

Sponsored Link

 

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*